アンサングシンデレラ第1話の感想や口コミをまとめてみた!

2020年7月16日(木)から放送がスタートする新ドラマ「アンサング・シンデレラ病院薬剤師の処方箋」について取り上げます。

 

 

ここでは「アンサング・シンデレラ」の第1話を見た人の感想についてまとめています。

独自にアンケートも実施してみましたので、そちらも参考にして頂ければ幸いです!

 

「アンサング・シンデレラ」を見逃してしまった方に動画で無料視聴する方法についてもご紹介しています。

宜しければこちらもどうぞ!

アンサングシンデレラ第1話を見逃した方!動画で無料視聴する方法について

 

 

スポンサーリンク

アンサングシンデレラ第1話の感想まとめ

 

「アンサング・シンデレラ」の第1話の感想まとめに関しては地上波での放送終了後に随時追記していきますので少々お待ちください。

 

竜の道 二つの顔の復讐者」第1話の評価(5点満点)(生視聴した18名の方に採点してもらって平均を出しています。)

ストーリーの面白さ 4.67
キャストの演技力 4.50
主演・石原さとみの演技力 4.67
第2話への期待度 4.61
総合評価 4.50

 

 

 

薬剤師のイメージが、いい意味で覆りました。お薬を渡してくれるイメージしかなかったのに、緊急救命の現場での大活躍やとにかく忙しいのに驚きました。こんなに豊富な知識や経験がありながら、医師と同じようには、患者に接することができないのには、もどかしさを感じました。医師でもなく看護師でもない、だけど人の命を救うことができる、素敵な職業だなと思いました。

 

石原さとみが演じるみどりがちょっと冷めた雰囲気だなと感じました。もっと天真爛漫な役かなと予想していたんですが全く違いました。そして病院の薬剤師の仕事というのが凄まじくしんどく辛そうに見えました。薬剤師って本当にこんな過酷な仕事なんだろうかと驚かされました。まあみどりの周りがロクな人間がいないというのは否めないですが…

 

待ち望んでいたドラマと同時に、このご時世で医療ドラマは大丈夫なのかと心配していましたがとても見やすい印象を受けました。

薬剤師と言う職業がこちら側から見る視点と違って、難しい職業なんだなと言うのがドラマを見ていて良く分かりました。それと共演者の演技もとても良かったと思いました。これからも見続けたいと思っています。

 

医師に比べてしまうと正直医療業界の中でもあまり目立たないし、薬剤師って薬という大事な部分を担っているわりにはけっこう裏方な仕事なんだなあというのが今回の内容で改めて感じられました。感謝されたいなら薬剤師には向いてないよという言葉には一見冷たいようだけどもある意味で仕事のやりがいみたいなものがあるような気もしました。

 

第1話の感想で多くみられたのは、「薬剤師という職業に対するイメージ」ですね。

 

実際どういう仕事をしているのか私たちはあまり詳しく知ることはありませんでしたが、今日の放送で薬剤師の方がどのように仕事をしているのかをリアルに描写されていて勉強になったという方が多くいらっしゃいました。

 

これらの感想は筆者が独自に感想を募集したものなのですが、中には現役の薬剤師さんからの感想もいただきました。

 

私は調剤薬局で働いてる薬剤師ですが、患者さんから感謝されないというのは当たっていると思います。常に時間に追われ、調剤室の中は戦場です。それでも患者さんからは遅いとキレられ、疑義照会をしてはDrにうざがられます。ただそんなところをテンポよく描かれていると思います。調剤の魔術師などところどころ面白いところありました。
個人的にはHELLP症候群だった患者さんに感謝されるシーンがよかったです。そして、主題歌が内容とマッチしていてよかったです。

 

これはリアルな声ですね・・・(´-ω-`)

薬剤師さんのお仕事がめちゃくちゃストレスの溜まる仕事だということが分かります。

 

でもそういうリアルな描写も第1話では描かれていたという事で、私たちもよりリアルな薬剤師という人の仕事内容を知ることが出来たと思います。

 

主演の石原さとみが可愛い!

 

石原さとみさんのお団子頭が凄く可愛かったです!ああいう、仕事に一生懸命に頑張る役が凄く似合ってるな~と思いました。

 

 

薬剤師という役柄のためか薄めのメイクでもやっぱり可愛いお団子姿の石原さとみさんは魅力的でした。

 

 

主演の石原さとみさんですが、現在33歳ではありますが相変わらずの可愛さを発揮していますヽ(`・ω・´)ノ笑

おだんごヘアーが可愛かったという事です!

 

 

 

「アンサング・シンデレラ」の視聴率について別記事にてまとめています。

 

 

アンサングシンデレラの視聴率まとめ!1話から最新話までご紹介!  

 

スポンサーリンク

「アンサング・シンデレラ」第1話のあらすじについて

 

葵みどり(石原さとみ)は、萬津総合病院薬剤部に勤務する薬剤師。救急センターで蜂に刺されて搬送された患者への医師の投薬を薬剤部副部長の瀬野章吾(田中圭)とサポートしていた。そこに、薬剤部部長の販田聡子(真矢ミキ)が新人の相原くるみ(西野七瀬)を連れて来た。心肺停止に陥った患者が心臓マッサージを受ける中、みどりは患者が日常服用している薬に気づく。それを医師に報告したことで、患者の心拍は回復。薬剤師が患者を救ったと、くるみは感動。しかし、患者の家族たちは、医師にしか感謝をしない。くるみに疑問をぶつけられたみどりは、「感謝されたいなら薬剤師は向いてない」と答える。

 

患者の投薬状況を見て回るみどりの早足に、くるみは着いて行くのがやっと。医師から小児病棟の糖尿病患者、渡辺奈央の血糖値が安定しないと聞けばすぐさま病室に赴くみどり。その病室には奈央と仲の良い森本優花も入院中。優花も糖尿病で入退院を繰り返していた。

 

薬剤室に戻ったみどりは刈谷奈緒子(桜井ユキ)に一喝される。医師から続々と届く処方箋の調剤に大忙しだからだ。みどりは届いた処方箋をくるみにも渡して調剤を始めた。羽倉龍之介(井之脇海)が、くるみの紹介をするが誰も手を止める事はない。そんな時、みどりは林医師の処方箋に疑問を抱く。すぐに、みどりは林に疑義照会(処方箋を出した医師への問い合わせ)をする。これが林とみどりの因縁に…。

出典:公式サイト

 

 

 

キャストについて

 

葵みどり役・・・石原さとみ

相原くるみ・・・西野七瀬

小野塚 綾役・・・成田 凌

刈谷奈緒子役・・・桜井ユキ

羽倉龍之介役・・・井之脇 海

工藤虹子役・・・金澤美穂

販田聡子役・・・真矢ミキ

辰川秀三役・・・迫田孝也

七尾 拓役・・・池田鉄洋

荒神寛治役・・・でんでん

瀬野章吾役・・・田中 圭

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

今回は7月16日(木)から放送がスタートする新ドラマ「アンサング・シンデレラ病院薬剤師の処方箋」について取り上げました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です