M 愛すべき人がいて(ドラマ)のキャストやあらすじは?主題歌やロケ地も調査

M 愛すべき人がいて ドラマ キャスト 主題歌 ロケ地

「M 愛すべき人がいて」が放送されます。  

  原作は小松成美さんの同名の小説です。   [itemlink post_id=”9298″]   2019年8月に発売されたこちらの小説ですが、ワイドショーなどで取り上げられ話題となり、ここまで累計発行部数が16万部の大ヒット作品となっています。    
  • 浜崎あゆみさんが超人気歌手になるまでの「デビュー秘話」
  • デビューのきっかけをもたらしたエイベックス株式会社代表取締役会長CEOの松浦勝人氏(当時専務)との「出会い」
  • その後のふたりの「大恋愛と別れ」
  これらが二人へのインタビューを元にライター・小松成美さんによってフィクション形式で描かれているのが小説の内容となっています。     ネットの感想を読んでいると、特に浜崎さんが売れるまでの道のりを知らない方がこの本を読んで「そんな事があったんだ」と理解し高評価している方が多かったですね。 シングル曲だけで2000万枚以上売り上げた”とんでも実績”を持つ大スターでも売れるまでには相当な努力をされていたという事実は今の特に若い世代の方達は知らないかもしれません。   それを知れるだけでもこの小説は読む価値があると思います。     そんな作品が今回ドラマ化されると言う事で、浜崎あゆみさんのファンの方々をはじめ、多くの方が注目する事でしょう。     そこでここでは「M 愛すべき人がいて」の   [word_balloon id="3" position="L" size="S" balloon="talk" name_position="under_avatar" name="false" radius="true" avatar_border="false" avatar_shadow="false" balloon_shadow="true"]・あらすじ ・キャスト ・主題歌 ・ロケ地 ・放送日・放送時間について[/word_balloon]   こちらについてご紹介していきます。    
スポンサーリンク

「M 愛すべき人がいて」のあらすじについて

  「M 愛すべき人がいて」のあらすじは下記のようになっています。  
幼い頃に父が蒸発して以来、母と祖母と暮らしていたアユは地元・福岡で主にモデルとして活動していたが、本格的に芸能活動を始めるため一念発起して祖母とともに上京する。アユは高校に通いながら芸能事務所に所属しタレント活動を続けるが、入ってくる仕事といえばエキストラのような仕事ばかりで、芸能人として成功する切っ掛けを掴めずにいた。   そんなある日、友達に誘われ初めて足を踏み入れたディスコで、アユは次世代のスター候補となるダイヤの原石を探していたレコード会社「A VICTORY」の専務・マサと出会う。それまでどんなに美人でスタイルのいい女性を前にしてもマサは心を動かされることがなかったが、アユには運命的な何かを感じてVIPルームで彼女に電話番号を渡し、人生をかけて彼女を歌手としてプロデュースする決意を固める。アユは所属していた芸能事務所を辞め、マサの指示で歌手デビューに向け単身ニューヨークに渡り厳しいレッスンを受ける。   レッスンを終え帰国した後もアユはマサから次々と厳しい課題を与えられるが、周囲からはその様子がマサがアユを特別扱いしているように映り、デビューを目指すライバルたちからの嫉妬やひがみを呼び、アユはライバルたちから壮絶な嫌がらせをうけてしまう。   しかし、アユは自分の才能を見出してくれたマサの言葉だけを信じ嫌がらせに耐えながらレッスンに打ち込むうちに、いつしかマサへの信頼感が彼への恋心に変わっていく。マサもそんなひたむきなアユの姿に心打たれ、彼女を所属アーティストとしてだけでなく、一人の女性として愛する気持ちが芽生えていく。   出典:wiki
  まあ当然ですが小説の内容がある程度ドラマで再現される様な形ですね。  
スポンサーリンク

「M 愛すべき人がいて」のキャストについて

  現段階で分かっているキャストはこちらです。   [su_box title=”アユ役 → 安斉かれん(主演)” style=”soft” box_color=”#ff9dea” title_color=”#121010″ radius=”12″]のちに「平成の歌姫」と呼ばれ、女性たちのカリスマとして君臨することになるアーティスト。楽曲だけでなく、ファッションやメイクなどすべてが注目を浴び、一大ブームを巻き起こすトップスター。[/su_box] [su_box title=”マサ役 → 三浦翔平” style=”soft” box_color=”#9dcfff” title_color=”#121010″ radius=”12″]レコード会社「A VICTORY」を設立し、専務取締役に就任。名プロデューサー「マックス・マサ」として、音楽シーンで数々のムーブメントを生み出す。のちに代表取締役社長に就任する。[/su_box] [su_box title=”中谷役 → 高橋克典” style=”soft” box_color=”#9dcfff” title_color=”#121010″ radius=”12″]上京後、アユが所属する芸能事務所の社長。[/su_box] [su_box title=”大浜役 → 高嶋政伸” style=”soft” box_color=”#9dcfff” title_color=”#121010″ radius=”12″]レコード会社「A VICTORY」代表取締役社長。[/su_box] [su_box title=”姫野礼香役 → 田中みな実” style=”soft” box_color=”#ff9dea” title_color=”#121010″ radius=”12″]レコード会社「A VICTORY」の社員でマサの秘書。右目に眼帯を付けている。[/su_box] [su_box title=”流川翔役 → 白濱亜嵐” style=”soft” box_color=”#9dcfff” title_color=”#121010″ radius=”12″]レコード会社「A VICTORY」の社員で専務のマサ直属の部下。[/su_box] [su_box title=”玉木理沙役 → 久保田紗友” style=”soft” box_color=”#ff9dea” title_color=”#121010″ radius=”12″]アユの友人。歌手デビューを目指している。アユをディスコに誘い、彼女とマサとの出会いのきっかけを与える。歌手デビューを目指してアユとともにレッスンを受けるが、アユがマサから次々と課題を与えられる様子を彼女だけ特別扱いを受けているとひがみ、逆恨みからアユに嫌がらせをする。[/su_box] [su_box title=”野島美香役 → 河北麻友子” style=”soft” box_color=”#ff9dea” title_color=”#121010″ radius=”12″]アユのマネージャー。[/su_box] [su_box title=”吉田明日香役 → 田中道子” style=”soft” box_color=”#ff9dea” title_color=”#121010″ radius=”12″]大浜の秘書。[/su_box] [su_box title=”輝楽天明役 → 新納慎也” style=”soft” box_color=”#9dcfff” title_color=”#121010″ radius=”12″]「A VICTORY」の人気プロデューサー。[/su_box] [su_box title=”幸子役 → 市毛良枝” style=”soft” box_color=”#ff9dea” title_color=”#121010″ radius=”12″]アユの祖母。本格的に芸能活動を始めるために上京しようとするアユを心配し、彼女とともに福岡から都内に在住する親戚の里美の家に身を寄せる。[/su_box] [su_box title=”西谷真理役 → 傳彩夏” style=”soft” box_color=”#ff9dea” title_color=”#121010″ radius=”12″]歌手デビューを目指すアユのライバル。アユがマサから特別扱いを受けていると嫉妬して、逆恨みから理沙とともにアユに嫌がらせをする。[/su_box] [su_box title=”椎名里美役 → 上野なつひ” style=”soft” box_color=”#ff9dea” title_color=”#121010″ radius=”12″]アユと幸子が身を寄せる東京の親戚。[/su_box] [su_box title=”佐山尚樹役 → 水江健太” style=”soft” box_color=”#9dcfff” title_color=”#121010″ radius=”12″]マサ行きつけのバーのマスター。[/su_box]     浜崎あゆみ役を安西かれんさんが務めることになりました。 安西さんもavex所属の歌手の方で、2019年から活動している新米のシンガーソングライターさんです。  
 
この投稿をInstagramで見る
 

セットアップ💗 #kalenanzai

安斉かれん(@kalenanzai)がシェアした投稿 –

  安西さんは1999年生まれの現在20歳。 今浜崎さんの曲や動画などを見て役作りの勉強をしているそうです。   この「浜崎あゆみを知らない」世代の安西さんが起用された事が吉と出るか凶と出るか注目ですね`‐ω‐´)     余談ですが安西さんは2019年の5月に「世界の全て敵に感じて孤独さえ愛していた」という曲でデビューしているのですがこの曲が凄く古くさくて懐かしさを感じる曲調になっています。(歌詞もそうですが)     これavexの方針なんでしょうか? 安西さんがやりたい音楽でない気がしてならないのですが笑   浜崎あゆみさんの後釜として安西さんが使われている様にしか見えないんですよね・・・w  
スポンサーリンク

「M 愛すべき人がいて」の主題歌について

  主題歌は浜崎あゆみさんの楽曲「M」が起用されます。    
スポンサーリンク

「M 愛すべき人がいて」のロケ地について

  ロケ地も今後随時追記していきます。    
スポンサーリンク

「M 愛すべき人がいて」の放送地域や放送日・放送時間について

 
初回放送日 放送時間 放送局
2020年4月18日 毎週土曜日  23:15〜 テレビ朝日
   

まとめ

  いかがだったでしょうか。 今回は2020年4月期に放送予定の新ドラマ「M 愛すべき人がいて」について取り上げました。   まとめますと・・・    
まとめ
  • テレビ朝日系毎週土曜日 23:15〜の新ドラマは「M 愛すべき人がいて」が放送予定。(前作は「アリバイ崩し承ります‎」)
 
  • 主演は安斉かれんさん。
 
  • その他キャストや主題歌・ロケ地については随時更新予定。
  と言う事でした。   ・こちらの記事も読まれています。 https://ryo3noheya.com/20201dorama_matome/]]>

スポンサーリンク