私の家政夫ナギサさんのロケ地や主題歌は?あらすじやキャストもご紹介

私の家政夫ナギサさん ドラマ あらすじ キャスト 主題歌 ロケ地

「私の家政夫ナギサさん」が放送されます。  

  原作は四ツ原フリコさんの同名作品です。 [itemlink post_id=”9080″]   主に電子書籍のマンガを書かれている方で「整形シンデレラ」が有名でしょうか。   [itemlink post_id=”9082″]     ここでは「私の家政夫ナギサさん」の   [word_balloon id="3" position="L" size="S" balloon="talk" name_position="under_avatar" name="false" radius="true" avatar_border="false" avatar_shadow="false" balloon_shadow="true"] ・あらすじ ・キャスト ・主題歌 ・ロケ地 ・放送日や放送時間[/word_balloon]   についてご紹介していきます。    
スポンサーリンク

「私の家政夫ナギサさん」のあらすじについて

  「私の家政夫ナギサさん」のあらすじは下記のようになっています。  
製薬会社のMRとしてバリバリ働くキャリアウーマンの相原メイ(多部未華子)は、仕事は誰よりもできるのに、家事が全くできないアラサー独身女性。そんなメイの28歳の誕生日の夜、彼女の散らかり放題の部屋に、突然見知らぬおじさんが現れた! その正体は、全ての家事を完璧にこなすスーパー家政夫・鴫野ナギサ(大森南朋)だ。ひょんなことからナギサさんを家政夫として雇うことになってしまったメイだが、「おじさんが家にいるなんて、絶対イヤ!」と受け入れられない。 一方、仕事では、無敵のMRであるメイの前に、ライバル製薬会社のMR・田所(瀬戸康史)が出現! 突如現れ、自分とは異なる手法で営業先の信頼を得ていく田所に、メイは気が気ではなく、ライバル心と警戒心をむき出しにする。しかも田所はライバルだというのに、爽やかにメイに急接近し、メイは心までかき乱されることに…。 そんな仕事に恋愛にいっぱいいいっぱいのメイは、家政夫のナギサさんに家事をサポートしてもらい共に過ごす中で、彼の持つまるでお母さんのような”包容力”と“温かさ”、そして”癒し”に触れ、いつしかナギサさんの存在に救われていくように。そして、ナギサさんが時間と心の余裕をもたらしてくれたことにより、仕事一筋だったメイは、「生活」「恋愛」「結婚」「家族」「将来」という自分の人生と本当の幸せについて次第に考えるようになっていく─── 仕事一直線で頑張ってきた不器用なアラサー独身女性・メイと、そんな彼女の家に派遣されたオジさん家政夫・ナギサさんが周囲を巻き込みながら、本当の幸せを探すハートフルラブコメディが始まる!   出典:公式サイト
    あらすじの中に出てくる言葉で”MR”というのがありますが、 これは「医薬情報担当者」と言い、自社の医療用医薬品を訪問営業する人の事です。     医薬品を扱う仕事なのでそれなりの知識を持っていないと出来ない仕事なのでお給料も結構良い仕事なんだとか!  

第1話のあらすじについて

 
製薬会社のMRとしてバリバリ働くキャリアウーマンの相原メイ(多部未華子)は、仕事は誰よりもできるのに、家事が全くできないアラサー独身女性。そんなメイの28歳の誕生日の夜、彼女の散らかり放題の部屋に、突然見知らぬおじさんが現れた!その正体は、全ての家事を完璧にこなすスーパー家政夫・鴫野ナギサ(大森南朋)だ。ひょんなことからナギサさんを家政夫として雇うことになってしまったメイだが、「おじさんが家にいるなんて、絶対イヤ!」と受け入れられない。   一方、仕事では、無敵のMRであるメイの前に、ライバル製薬会社のMR・田所(瀬戸康史)が出現!突如現れ、自分とは異なる手法で営業先の信頼を得ていく田所にメイは気が気ではなく、ライバル心と警戒心をむき出しにする。しかも田所はライバルだというのに爽やかにメイに急接近し、メイは心までかき乱されることに…。   出典:公式サイト
   
スポンサーリンク

「私の家政夫ナギサさん」のキャストについて

  現段階で分かっているキャストはこちらです。   [su_box title=”相原メイ役 → 多部未華子(主演)” style=”soft” box_color=”#ff9dea” title_color=”#121010″ radius=”12″]製薬会社「天保山製薬」の営業職であるMRとして働くアラサー女性。自他共に認める負けず嫌いで、仕事では入社3年目からずっと営業成績1位を維持している。隙がないので、周囲からは「仕事もプライベートも完璧」と思われているが、実は仕事以外のことはとにかく無頓着で不器用。家事が大の苦手で、部屋は物で溢れ散らかり放題。家事や恋愛や婚活もしなければと思ってはいるが、全ての時間を仕事に捧げてしまうため結局後回しに。しかし、おじさん家政夫のナギサさんとの出会いを機に、自分の人生と幸せについて考えるようになっていく。[/su_box] [su_box title=”鴫野ナギサ役 → 大森南朋” style=”soft” box_color=”#9dcfff” title_color=”#121010″ radius=”12″]家事代行サービス業者「NTSクリーンハウス」に勤めるエース家政夫。50歳のおじさんという、家政夫としては異色の存在ながら、指名率ナンバーワンを維持している。依頼者の生活をサポートする家政夫という仕事に誇りを持っており、掃除、洗濯、料理といった家事全般を完璧にこなす。また、口数は少ないが、謙虚で穏やかな人柄と独特の安心感、そしておじさんならではの豊富な人生経験を併せ持ったナギサの一言は、依頼者の心をスッと楽にしてしまう。ひょんなことからメイに雇われ、多忙なメイに時間と心の余裕をもたらす存在になっていく。 [/su_box] [su_box title=”田所優太役 → 瀬戸康史” style=”soft” box_color=”#9dcfff” title_color=”#121010″ radius=”12″]外資系製薬会社「アーノルド製薬」のMR。性格もルックスも完璧でまさに王子様的存在。また、仕事もデキるため製薬業界内では超優秀なMRとしてちょっとした有名人になっている。誠実な人柄で、医師や営業先から絶大な信頼を得ている根っからの人たらし。ライバル会社の社員に対しても垣根なくオープンに情報を交換したり、気さくに接するなど、とにかく懐が広く非の打ち所がない。メイと同じ営業エリアに異動になり、営業先の病院やクリニックでよく遭遇するうちに急接近していく。そしてメイに恋の嵐を巻き起こすことに。[/su_box] [su_box title=”陶山 薫役 → 高橋メアリージュン” style=”soft” box_color=”#ff9dea” title_color=”#121010″ radius=”12″]メイの親友であり同僚。MRではなく、学術部門という疾患領域と製品のエキスパートをしているため、社内に常駐していることが多い。明るく積極的で裏表のない性格。イケメン好き。趣味は美容と合コンで、婚活に勤しんでいる。[/su_box] [su_box title=”松平慎也役 → 平山祐介” style=”soft” box_color=”#9dcfff” title_color=”#121010″ radius=”12″]メイの上司。横浜支店を長らく支えてきたベテラン社員で、「ミスター横浜支店」という異名を持つ。体育会系で厳しい男だが、面倒見も良いため部下からの信頼は厚い。古藤とともに、天保山製薬の重要エリアである横浜支店の改革に取り組んでいる。[/su_box] [su_box title=”馬場穣二役 → 水澤紳吾” style=”soft” box_color=”#9dcfff” title_color=”#121010″ radius=”12″]メイの同僚で、チームメンバー。愛想がなく無口で、何を考えているかわからないタイプ。だが、営業成績は安定しており、社内の中堅という立ち位置。他人に興味がなさそうだが、突然必要な情報やアドバイスをするなど周囲をよく見ている。[/su_box] [su_box title=”堀江耕介役 → 岡部 大(ハナコ)” style=”soft” box_color=”#9dcfff” title_color=”#121010″ radius=”12″]メイの同僚でチームメンバー。ひょうきんな男で後輩からもいじられるなど憎めない存在。バリバリ働き成績を残しているメイのことを「さすが~」と冷やかしているが、実は活躍するメイに対して密かに焦りを感じている。[/su_box] [su_box title=”天馬あかり役 → 若月佑美” style=”soft” box_color=”#ff9dea” title_color=”#121010″ radius=”12″]メイの後輩でチームメンバー。やる気はあるが決して無理はしない、バランス重視型のイマドキ女子。若手ながら冷静にチームメンバーを観察しており、先輩であるメイや堀江に容赦なくツッコミを入れたりするなど、物怖じしない性格。[/su_box] [su_box title=”古藤深雪役 → 富田靖子” style=”soft” box_color=”#ff9dea” title_color=”#121010″ radius=”12″]天保山製薬横浜支店の女性支店長。社内で重要エリアとされている横浜支店の改革のため異動を命じられ、支店長に就任したばかり。オフィスにフリーアドレスを取り入れたりと新しい取り組みにも積極的で、横浜支店の抜本的改革を目指している。[/su_box] [su_box title=”瀬川遙人役 → 眞栄田郷敦” style=”soft” box_color=”#9dcfff” title_color=”#121010″ radius=”12″]メイの勤務先「天保山製薬」横浜支店にやってくる入社1年目の新入社員。 原作には出てこないドラマオリジナルのキャラクター。 効率主義で保守的なイマドキの若者で、メイからは「スーパー新人類」だと煙たがられる。しかし、性格は子犬のように素直で人懐っこく根は真面目なため、社内でも可愛がられるようになっていく。[/su_box] [su_box title=”肥後 菊之助役 → 宮尾俊太郎” style=”soft” box_color=”#9dcfff” title_color=”#121010″ radius=”12″][/su_box] [su_box title=”堀江 耕介役 → 岡部大(ハナコ)” style=”soft” box_color=”#9dcfff” title_color=”#121010″ radius=”12″][/su_box] [su_box title=”駒木坂 春夫役 → 飯尾和樹(ずん)” style=”soft” box_color=”#9dcfff” title_color=”#121010″ radius=”12″][/su_box] [su_box title=”吉川 かりん役 → 夏子” style=”soft” box_color=”#ff9dea” title_color=”#121010″ radius=”12″][/su_box] [su_box title=”相原 美登里役 → 草刈民代” style=”soft” box_color=”#ff9dea” title_color=”#121010″ radius=”12″][/su_box] [su_box title=”福田 唯役 → 趣里” style=”soft” box_color=”#ff9dea” title_color=”#121010″ radius=”12″][/su_box]       眞栄田郷敦さんは原作には出てこないドラマ版ならではのオリジナルキャラとして出演します。 動画配信サイト”Paravi”ではこの眞栄田さん演じる瀬川遙人をメインとしたオリジナルストーリーを配信するそうですよ。 イマドキ男子である遙人の新入社員ならではの悩みや葛藤、恋愛事情を描き、彼が一人前の社会人になるまでを見守るプチ成長物語と言う事なので、ファンの方は必見ですね! →Paraviでオリジナルストーリーを観に行く!     その他キャストの新しい情報が入りましたら随時追記していきます。  
スポンサーリンク

「私の家政夫ナギサさん」の主題歌について

  主題歌に関してもまだ情報は入っていませんので少々お待ちください。    
スポンサーリンク

「私の家政夫ナギサさん」のロケ地について

  ロケ地も今後随時追記していきます。    
スポンサーリンク

「私の家政夫ナギサさん」の放送日・放送時間について

 
放送日 放送時間 放送局
ーーー 毎週火曜日 22:00〜 TBS
  TBS系毎週火曜日22時台のドラマという事で一つ前の作品が「恋は続くよどこまでも」でした。 第5話放送終了時点で平均視聴率が10%台となかなか良い感じですので今作でも同じように続いていきたいですね。   ・追記 新型コロナウイルスの影響で4月に放送予定だった「私の家政夫ナギサさん」は放送が延期となりました。    

まとめ

  いかがだったでしょうか。 今回は2020年4月期に放送予定の新ドラマ「私の家政夫ナギサさん」について取り上げました。   まとめますと・・・    
まとめ
  • TBS系毎週火曜日22:00の新ドラマは「私の家政夫ナギサさん」が放送予定。(前作は「恋はつづくよどこまでも」)
 
  • 主演は多部未華子さん。
 
  • その他キャストや主題歌・ロケ地については随時更新予定。
  と言う事でした。   ・こちらの記事も読まれています。 https://ryo3noheya.com/20201dorama_matome/]]>

スポンサーリンク