35歳の少女の第1話を観た人の生感想・口コミについてまとめ

2020年10月期放送の新ドラマ「35歳の少女」について取り上げます。

 

 

ここでは「35歳の少女」第1話を観た人の生感想・口コミについてご紹介していきます。

 

 

スポンサーリンク

「35歳の少女」第1話を観た人の生感想・口コミについて

 

「35歳の少女」第1話の感想・口コミについては当日の地上波放送終了後に追記していきますので、

少々お待ちください。

 

 

 

この作品の第1話はハッキリ言ってめちゃくちゃ観てるのが辛くなります(´-ω-`)

主人公が目覚めてからの話の展開が絶望的すぎます。

 

でもだからこそこの絶望的な状況から今後どのように話が展開していくのかはとても気になりますね。

 

 

さらに主演の柴咲コウさんの演技力の高さには驚きました。

こんなに演技が上手かったのかとちょっと感激しました。

 

 

作中で声を出して泣くシーンがいくつかあるのですが、今回の場合は心が10歳のままですから、10歳の少女が絶望して泣くという演技をしなければいけません。

ここの演技力が「本当に10歳の少女が号泣しているよう」に見えました。

 

柴咲コウさん今年で39歳ですよ。

 

 

\「35歳の少女」の第1話はHuluにて見逃し配信を行なっています!/

 

 

新規登録をすれば14日間の無料トライアルを受けることができるので、

 

第1話を無料で視聴することができます。

 

もちろん無料トライアル期間内に解約も可能です。

 

 

Huluで「35歳の少女」を無料視聴する

 

 

※Huluの詳しい登録方法や解約方法については下記の別記事をご参照ください。

 

35歳の少女を見逃した方へ!フル動画を無料で視聴する方法をご紹介!

 

スポンサーリンク

「35歳の少女」第1話のあらすじについて

 

幸せの象徴のような新築の一軒家・今村家。お遣いを頼まれ意気揚々と出かけた10歳の長女・望美のぞみはその日、自転車のブレーキが壊れているとも知らず坂道を飛ばしていた。しかし次の瞬間、コントロールを失った自転車は崖から大きく放り出され……。

 

病室で目を覚ました望美(柴咲コウ)の目の前に広がるのはなんと25年後の『現在』!実は事故の後25年間眠り続けた彼女は、母・多恵たえ(鈴木保奈美)の必死の介護によって奇跡的に目を覚ましたのだった。しかし、明るく優しかった多恵は笑顔を見せない冷たい女性に、格好良かった頼れる父・進次しんじ(田中哲司)はパッとしない中年に、可愛かった妹・愛美まなみ(橋本愛)は不機嫌で刺々しい大人に変わり果てていた。そして望美自身は、心は10歳、体は35歳の『35歳の少女』である自分を受け入れられず……。

 

現在に馴染めないまま退院を迎えた日。多恵はお祝いにすき焼きを用意していた。実はすき焼きは家族にとって因縁の料理。まだ声の出せない望美を囲み、ある“秘密”を抱えたぎこちない家族の食卓が始まる。そこに望美の初恋相手・広瀬結人ひろせゆうと(坂口健太郎)が訪ねてくるが……

 

出典:公式サイト

 

 

 

「35歳の少女 」のキャストについて

 

役名 キャスト 役所
今村望美役 柴咲コウ 本作の主人公。
広瀬結人役
坂口健太郎 望美の幼馴染。
時岡愛美役 橋本愛 望美の妹。
時岡多恵 鈴木保奈美 望美の母。
今村進次役 田中哲司 望美の父親。
今村加奈役 富田靖子 進次の再婚相手。
今村達也役 竜星涼 加奈の連れ子。
林田藤子役 大友花恋 愛美の部下。
相沢秀男役 細田善彦 愛美の上司で元恋人。

 

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ&関連記事紹介

 

いかがだったでしょうか。

今回は「35歳の少女」第1話を観た人の生感想・口コミについてご紹介しました。

 

 

\各話数の生感想・口コミ記事はこちらから/

第2話

第3話

第4話

第5話

 

\こちらの記事も読まれています!/

35歳の少女のあらすじ内容は?原作はある?主題歌やロケ地も調査

 

35歳の少女のロケ地はどこなの?キャストの目撃情報をご紹介!

 

35歳の少女が韓国ドラマ「30だけど17です」に激似って本当なの?
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です